2011/09/21

コンベアをSILPSに置き換える

生産量や業務内容に合わせて、柔軟に変化できる製造ライン

シンテックホズミのAGV「SILPS Tango」は、
生産ラインやレイアウトの変更も、少ない設備投資で柔軟に実現できます。
ここでは、コンベアにかえてAGV「SILPS Tango」を導入することで、
人員2名とコンベア1台という大幅な削減効果をもたらした事例を紹介します。

導入前

もともとこの職場ではコンベアを設置し、人が製品や部品を運んでいました。コンベアは一度敷設すると、作業量にかかわらず大きな空間を占有します。生産量が変わっても、大きな設備を動かし続けなくてはならず、そのための電気代はもちろん、作業者の待機時間がかさむなど、さまざまな無駄が生じていました。

 
 

導入後

シンテックホズミのAGV「SILPS Tango」の4WSタイプは、とても柔軟な動きをするのが特長です。この特長を活かすことで、運搬作業員とコンベアの役割を一体的にこなせるようになりました。まず、AGV「SILPS Tango」が人の代わりに部品を運び、そのまま製品を移動させることで、コンベアの代わりをさせたのです。

コンベアは固定ですが、AGV「SILPS Tango」なら生産量に合わせて稼働台数を増減させることができます。プログラムによって、速度や動きを変えることもできるので、多様な業務に対応できる、とても柔軟な新しいコンセプトのコンベアができたことになります。つまり、コンベアとしてSILPSを利用する場合、コンベアよりも少ない設備投資で同じ環境が構築でき、レイアウト変更も安価かつ容易に実現できるのです。

 
 

効果

これによって、作業員2人という人員削減と、コンベアという大きな設備が削減できました。人が介在すると、どうしても危険が伴います。完全無人化は、そのリスクも低減できるのです。
また、AGV「SILPS Tango」の台数を増減することで、生産量の調整が容易になりました。人とコンベアに要するランニングコストが削減され、多様なニーズに対応できる新たな生産環境が生まれたのです。

 
 

ホームへ先頭へ前へ戻る