2011/09/21

最適の組合せで人員と牽引車を削減

2WDと4WSの最適な使い分けで、コストを抑えて最大の効果を実現

シンテックホズミは、お客様に最大のメリットを提供すべく、
AGV「SILPS Tango」の最適な組み合わせをご提案しています。
このケースでは、2WDと4WSを一括制御し、
使用場面で使い分けることによって、
全体のコストを抑えつつ格段に効率をアップしました。

導入前

この職場では、牽引車2台を使って、3人の作業者が製品の運搬を行っていました。生産設備であるロボットの回りを、キャリアを率いた牽引車が同じルートで走り、ロボットの間を人が行き来していました。

 
 

導入後

周囲をぐるぐると回るルートには、シンプルで価格も抑えられた2WDタイプのAGV「SILPS Tango」を導入。そして、複雑な動きを求められる、ロボットとロボットの間のルートには、4WSタイプのAGV「SILPS Tango」を導入しました。従来の動きに合わせて、最適な機器の配置を行ったのです。

 
 

効果

これによって作業者3人の人員削減と、牽引車2台の設備削減が実現できました。同時に、求められる動きにあわせて、2WDと4WSのAGV「SILPS Tango」を組み合わせて併用することで、導入コストを全体的に抑えることができました。こうした組み合わせを提案できることろが、私たちシンテックホズミの強みです。

 
 

もう一言

同じAGVを扱っていても、機械だけを売ることを考えていると、どうしても高性能な製品を勧めがちです。購入する側も、活用の仕方を自分たちだけで考えることになり、よくわからないままオーバースペックな製品を購入してしまうことがあります。

AGVの特長は、さまざまなラインに対応できる柔軟性にありますが、それでもお客様の業務には一定の基準が存在します。私たちはお客様の業務をよく理解した上で、それぞれの使用場面で最適なAGVを使い分ける提案をいたします。その結果、コストパフォーマンスを考慮した柔軟性が生まれ、無駄を省きつつも将来性を確保した「使える・稼げる」プランが実現されるのです。

ホームへ先頭へ前へ戻る