2011/09/21

階の違う現場でも1台のSILPSで運搬

AGV「SILPS Tango」の導線レス機能が1Fと2Fをつなぐ

一般的に、AGVの移動には軌道の設置が必要とされています。
そのため、階を跨いで製品を移動させるような導線の構築は、困難を伴います。
それは同時に、コストアップも意味します。
AGV「SILPS Tango」には、オプションとして導線レス機能があり、
階を跨いでの搬送にもスムーズに対応しています。

導入前

1階と2階に、それぞれ異なるレイアウトの作業場がありました。階をつなぐのはエレベーターです。製品は、人が運転する牽引車に載せられ、エレベーターで牽引車ごと移動していました。

 
 

導入後

人と牽引車の働きを、各階の異なるレイアウトを変更することなく、すべて4WSのAGV「SILPS Tango」に置き換えました。軌道が無くても走行できる導線レス機能を使うことで、無人でのエレベーター移動をクリアしました。
エレベーターに乗って移動するAGV「SILPS Tango」を見ていると、小さいながらも頭脳を持ったロボットであることが実感できます。

 
 

効果

運搬作業に従事していた2名の人員削減と、運搬に使われていた2台の牽引車を削減できました。異なる階を自動で移動してくれるので、監視の必要もなく大変効率があがります。

 
 

もう一言

導線レス走行のメリットとして、磁気テープの貼れない場所でもSILPSを走行させることができます。ピットや鉄板の上、コンベア上も走行できます。また、リフトの往来が激しいなど、磁気テープの損傷が多い場所でも導線レス走行が有効です。磁気テープの貼り替え費用も不要となり、コスト削減にもつながります。

ホームへ先頭へ前へ戻る