2011/09/21

ピッキング工程の距離と時間を削減

狭い空間での複雑な動きは「SILPS Tango」の4WSにお任せ

ヤードからシャッターを通って、
ラインの奥にある製品をピックアップする流れを、
AGV「SILPS Tango」の4WSにより構築しました。
かなり複雑な動きを、持ち前の柔軟さでクリアしています。

導入前

人がフォークリフトに乗って、ヤードから工場内に入り、ラインの外側をぐるりと回って、その奥へと行き来していました。ラインの外周は幅が狭く、途中で向きを変えることが難しく、いつも遠回りをしていました。また、製品を出し入れする動作は複雑で、自動化は難しいと考えられていました。

 
 

導入後

AGV「SILPS Tango」の4WSを使用することで、フォークリフト作業をなくすとともに、最短の距離で製品の出し入れを行うようにしました。AGV「SILPS Tango」の4WS機能は、狭い空間での複雑な動きに最適です。自在に向きを変えることで、ラインの外を回る必要がなくなりました。シャッターの開け閉めも、AGV「SILPS Tango」とセンサーのやりとりで自動化。ヤードに出てからの運搬も、そのままAGV「SILPS Tango」が担います。

 
 

効果

フォークリフトの運転手2人の人員削減と、2台のリフトの削減が実現されました。また、導線距離は1/2となりました。距離の短縮は、そのまま時間の短縮を意味します。人件費のみならず、リフトにかかる燃料費やメンテナンス費用、そして時間というコストも圧縮できたのです。

 
 

ホームへ先頭へ前へ戻る