2013/9/21

導入効果
導入効果

導入効果

ロジスティクス・クラウド

SILPSは、シンテックホズミがお届けするAGVを核とした、新しい生産物流システム。その最大のメリットは、生産量に応じて柔軟にラインが変更でき、それがダイレクトにコスト削減へつながることです。

1台のAGVが、周辺機器と一体となって、コンベア、牽引車、リフト、パレット変換機など、多彩な役割をこなす様子は、まさにロジスティクスのクラウド化。多様な動作とともに、生産量の調整にも柔軟に対応します。情報と技術、ソフトとハードが一体となって実現される、まったく新しい生産性の世界を感じてください。

自動車産業をフィールドとして培った一級の技術とノウハウを、あらゆる分野の皆さまにお届けします。「AGVって何?」というお客様も心配ありません。まずは気軽にご相談を!

AGVに関連する周辺設備の設計と制作

搬送装置、台車、AGV制御、ライン制御など、お客様が必要とする関連設備に対して、ニーズに合わせた自由な設計をご提供します。あらゆる可能性を排除せずに、まずご希望をお伝えください。柔軟な対応と高度な技術でご要望にお応えします。

設備の据付工事から立ち上げまで

実際の工事においては、導線の施工から、付帯設備の設置、調整、操作説明、システムの立ち上げまでをトータルでサポートします。設計時に、お客様とともに描いたイメージを、現実に即してていねいに実現していきます。

アフターメンテナンスを大切にしています

機器が本来の価値を発揮するのは、稼働し始めてからです。シンテックホズミはアフターメンテナンスを大切にして、導入後の故障修理や定期点検など、お客様のご要望に対してスピーディーに対応いたします。

SILPSを導入するとこんな効果があります

SILPSを導入すると、生産物流システムを無人化することができます。運搬台車やフォークリフト、カートといった設備と、それを動かす人に替わることができるのです。しかも小型で柔軟な動きができるため、省スペースや導線距離の改善に大きな効果があります。導入費もランニングコストも、Co2の排出量も低減できます。導入に際して、周辺設備を動かす必要もありません。SILPSの導入は、今すぐ可能です。

【従来】

【SILPS】

導線距離・物流スペース……従来比1/2以下

物流スペース、導線距離、設備投資、CO2排出量
物流スペース、導線距離、設備投資、CO2排出量

ホームへ先頭へ前へ戻る